計算機科学実験及演習3  (ソフトウェア)

平成29年度前期

担当教員

末永 幸平
大本 義正
馬谷 誠二 (7号館225室,内線 5968)

TA

秋田 大空,藤原 康史,松岡 裕志,西田 雄気,今西 諒文,五十嵐 雄

連絡用メールアドレス

le3soft@fos.kuis.kyoto-u.ac.jp (担当教員とTA全員に届きます)

お知らせ

内容

プログラミング言語 ML のインタプリタを作成する.具体的には,単純なインタプリタの作成から始め,最終的に型推論機構を備えたインタプリタを完成させる.講義「プログラミング言語処理系」の前半で習得した内容を実践的に習得することを目的とする.実装言語には OCaml 言語を用い,一人で一つのインタプリタを作成する.

実験の進め方

レポート種別提出締切課題
レポート1(OCaml入門)6月22日(木) 23:59 『Objective Caml入門 』(mltext.pdf) の Ex.2.6(2),(4), Ex.3.7, Ex.3.11, Ex.4.1, Ex.4.4, Ex.4.5, Ex.4.7, Ex.5.3(1)-(6)より4つ, Ex.5.6, Ex.6.2, Ex.6.6, Ex.6.9, Ex6.10(1)-(5) より2つ.Ex.7.2, Ex.7.4, Ex.7.6, Ex.7.8
レポート2(インタプリタ)7月6日(木) 23:59IoPLTextbook.pdfの3章に含まれる全ての必修課題(★印のついてない課題)・解いた選択課題の★の数の合計が5個以上
レポート3(型推論器)7月28日(金) 23:59IoPLTextbook.pdfの4章に含まれる全ての必修課題(★印のついてない課題)・実験全体への感想や意見などの自由記述

実験資料

レポートについて

提出方法

課題レポートの提出には課題提出システムを使用すること.利用方法は初回に通知する.

レポートの内容

形式や分量は自由であるが,あまりに内容の薄いレポートは再提出を求めることがある.最低限,以下を含めること:

課題提出システムで行われる自動テストについて

別ページの説明をよく読んでから提出するようにしてください.

FAQ(よくある質問とその回答)

別ページです.困ったらまずここを確認してみてください.

日程

実験日イベント
6月 8日(木)初回説明
9日(金)
15日(木)
16日(金)
22日(木)レポート1提出締切
23日(金)
29日(木)
30日(金)
7月 6日(木)レポート2提出締切
7日(金)
13日(木)
14日(金)(16時以降,ICPC国内予選)
20日(木)
21日(金)最終回
28日(金)レポート3提出締切

参考資料


学生実験トップページへ戻る